イム・ジュファンとパク・スジン


ソ・イジョンと言えば、原作で言う西門総二郎である。韓国の芸術家の後継者であり、天才陶芸家の役である。そんな彼のお兄さんと初恋の相手が、第17話で登場します。そんな彼らの魅力に迫ってみたいと思います♪



ソ・イルヒョン役〜イム・ジュファン


ソ・イルヒョン弟のイジョン同じように将来有望な陶芸家として期待されていたのですが、大学時代に陶芸を辞め、家を出てバリスタとして活躍しながら自由奔放に生きていく役柄です。彼は2008年の映画『霜花店』の撮影をしているころに1トントラックと事故を起こし心配されたが、今回までの活躍で人気はうなぎ上りです。その結果、日本でも2009年のホワイトデーに東京でファンミーティングの開催が決定した。今回の韓国版の花より男子のあとの出演作品である時代劇の『タムナトダ』で流刑士「パク・キュ」役での演技力も要チェックである。

チャ・ウンジェ役〜パク・スジン


パク・スジンは歌手グループのシュガーのメンバーでだった。ドラマの中では、ソ・イジョン(キム・ボム)の初恋の相手であるチャ・ウンジェ役を披露している。しかし、好きであることは発展せずに、兄の恋人として再会するのです。
10代スタートの韓国歌手グループの【シュガー】は4人で構成されていた。もちろんその一人がチャ・ウンジェ役のパク・スジンである。彼女のほか、在日韓国人のあゆみやジョンウン、セビョルがメンバーである。デビューは2001年のM−netの番組であった。解散の経緯は5年契約期間が終わったことが理由にあげられるが、2004年ファン・ジョンウムが俳優変身を宣言してチームを脱退、イ・ハリンが新メンバーに投入されたが、パク・スジンも俳優専業を宣言してチームを脱退、解散が決定した過去がある。この時に残りのメンバーである【あゆみ】はソロの道に、【ユク・ヘスン】は学業専念から俳優行に、【イ・ハリン】は日本での活動を夢見て来日していったとのこと。現在、【パク・スジン】以外のメンバーは夢をつかめたでしょうか。。。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。